中小企業のストレスチェック対応 - ストレスチェックとは

ストレスチェックとは

  • 中小企業のストレスチェック対応

    • 職場のメンタルヘルスの問題については2000年以降頻繁に社会的な話題になってきましたが、そのような問題に対して積極的に行動に移すことができるのは1部の大企業だけであると言う状況が続いてきました。そのような問題に対して専門的に対応するスタッフがいないと言うこともありますし、ノウハウが不足していると言う状況が対応の遅れを深刻な問題としていました。そのような中ストレスチェック制度が始まり、50名以上の従業員を雇用する企業が対象となることから中小企業でも対応しなければならないと言う状況に迫られることになりました。

      ストレスチェックが広く知れ渡ってきました。

      このストレスチェックの問題に対して中小企業が向き合うためには、その全てを自前で対応しようと考えずに上手に外部委託する発想を持つことが大切です。

      ストレスチェックを実施するために必要な人材が社内に揃わないケースが非常に多く、実施のために多大な負担を抱えることがないようにしなければならないので。


      結論から言ってしまえば外部委託することが推奨されます。

      産経ニュース情報がリニューアルしました。

      外部委託にはお金がかかると言うイメージがつきまといますが、例えば健康診断を実施している医療機関が提供するストレスチェックなどは低コストで必要最小限にストレスチェックを行うことが可能となります。
      充実した事後措置などにも力を入れたい場合には不十分である場合もありますが、中小企業が取り組む最初の一歩としては十分な内容であると言えるでしょう。



      このような選択肢もあると言うことを知っておく事はとても役に立ちます。

top